--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTISAN - ARTISAN KAI.g3 飛燕 SOFT L レビュー

2011年06月05日 15:58

あくまでも自分の感想です!人によって意見はそれぞれなので鵜呑みだけはしないようにお願いします!

IMG_0118[1]_convert_20110605141620

もともとあったQckが使用頻度が高すぎてヘタってきた+兄貴に貸したら爪でがりがりなってた

ので 前から興味があった飛燕をついに買いました

一応数日間使ってみたのでそのレビューを書こうと思います!

買う際にツイッターでYamatoNさんとHellsingさんに飛燕について教えてもらえたので非常に助かりました!

ここであらためてお礼を言わせていただきたいです!



今回購入したのは KAI.g3 飛燕 SOFT のLでBlackの奴ですね

このSOFTとかMidとか着いてるのは中間層の固さだそうです

友人が「大は小をかねる」とか言ってたのでLを購入

これで8月くらいまでほとんど金がない状態!やったね!

まずは箱から飛燕を取り出す

IMG_0112[2]_convert_20110605123240

このプリントされてる画像のカッコよさで購入した人もいるんじゃないかなー

そのまま表裏に書いてある文字を読んでいると すごく良い事が書いてありました

IMG_0113[1]_convert_20110605123357

一番下の1行

ここにARTISANさんのマウスパッドに対する開発の姿勢と ユーザーを思う気持ちが

出てる気がする

プロは道具を大事に扱うってよく言うけど

開発する側も 本当に熱意を持って 作っているんだなぁと思ってテンションあがった



最初は設定をQckのときのままプレイしてみました

手で最初触ったとき 少しざらざらしててこれガチで滑るのかな? っと疑いましたが

ちゃんと滑ります 初動はQckより上です

プラスチックのパッドは使ったことがないので比較できませんが しっかりとした初動です

設定そのままだと少し行き過ぎてしまうのでセンシを少し下げてプレイしたらちょうどいい感じに

安定しました

(最終的にLだから憧れの低センシに変えました
  
やった感じ飛燕は個人的にハイセンシよりローセンシに向いてる気がするかなぁ)


それでいて 止めるときの感触はQckと同等かそれ以上に自分は感じました

SOFTだからかも知れませんが 少し押さえつける感じでとめたら自分は安定した気がします

4mmの厚さのおかげもあるかもしれません


Qckがヘタっているのもあるかもしれませんが 自分はQckより飛燕の方が好みだと思いました


このざらざら感もマウスを動かしている感覚が伝わってきて 段々好きになりましたね



総評は Qckに変わる新しい入門用パッドな気がします

もちろん入門用ということは扱いやすいという意味で 高いレベルでまとまってるということです

最初Qckを買ってから 色んなマウスパッドを使っても結局もQckに戻ってくるって言う人がいますが

飛燕もQckと同等かそれ以上の安定感があると思います

ざらざらだということで敬遠してる人もいますが 全然使いやすいと思います

これからはしばらくずっとこれを使っていこうと思います

これで飛燕のレビューを終わらせていただきたいと思います 参考になれば幸いです
ちなみに YamatoNさんとHellsingさんに教えてもらったのは

バリューエディションと通常verの違いでした

どちらを買おうか迷っていたので非常に助かりました 本当にありがとうございます

ここに一応メモしておきます

飛燕VEは裏面の滑り止めがちょっと弱め、
飛燕は滑り止めが強力で中間層の固さはHard Mid Softの3種類。
んでVEは柔らかいタイプのみ
 byHellsingさん

VEの方が滑りやすく細かいaimがしにくいです。
 byYamatoNさん

とのことです これも参考になれば幸いです


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://csomaluk.blog136.fc2.com/tb.php/59-0cdbb091
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。